チャップアップの詳細

チャップアップ体験レポート

チャップアップの口コミ

  1. チャップアップの効果
  2. チャップアップの副作用

MENU

チャップアップの効果

チャップアップの体験談

チャップアップの口コミ

チャップアップの副作用

チャップアップの成分

チャップアップ使用上の注意点

チャップアップの定期便はお得か

チャップアップの返金保証制度

チャップアップとイクオスの比較

チャップアップシャンプー

チャップアップサプリ

育毛剤選びから使用するまで

育毛剤と発毛剤の違い

育毛剤選びのポイント

生え際におすすめ育毛剤

産後の抜け毛専用の育毛剤

髪の基礎知識

髪の基礎知識

毛乳頭の働き

毛母細胞の働き

ヘアサイクルとは

脱毛症の種類

円形脱毛症の種類と治療法

フケの原因と対策

抜け毛・薄毛の原因

男性の薄毛・抜け毛の原因

女性の薄毛・抜け毛の原因

生え際が薄毛になる原因

目の酷使による薄毛

喫煙と抜け毛の関係

肝臓と抜け毛の関係

抜け毛・薄毛の対策

薄毛対策・抜け毛対策

頭皮の保湿と育毛

有酸素運動で毛細血管を増加

FGF-5を阻止して脱毛予防

頭皮マッサージで育毛促進

育毛に良い生活習慣

白髪の知識

白髪の原因と対策

気になる用語解説

AGAとは?

AGAと遺伝の関係

手遅れになる前にAGA対策

界面活性剤とは?

テストステロンの働き

5αリダクターゼの働き

アンドロゲンレセプターとは?

毛髪の再生医療

成長因子とチャップアップ

植毛の知識

その他

チャップアップ口コミ投稿

当サイトについて

サイトマップ

チャップアップ使用時の一般的な副作用


現在販売されている育毛剤の多くは、頭皮に刺激をできるだけ与えないよう自然・天然の成分を使用しているため重篤な副作用は殆どないと考えられています。

チャップアップも例外ではありません。

但し、まれに頭皮のかぶれや湿疹、痒み、抜け毛や頭痛、めまい、倦怠感、むくみなどの症状が現れることがあります。

特に医薬品であるミノキシジルやフィナステリドを使用する場合は、副作用のリスクが高いため使用時は医師や薬剤師に相談したりして、十分に気をつけることが大切です。

育毛剤使用時の主な副作用

一般的に、育毛剤を使用した場合に発症する主な副作用には次のようなものがあります。

頭皮のかぶれや湿疹、かゆみ

肌の弱い方に最も発症しやすい副作用です。頭皮への刺激が少なく炎症なども起こりにくいとされている天然由来成分を配合した育毛剤でも体に合わない人は存在します。

頭皮のかぶれや湿疹、かゆみは、チャップアップの副作用としては、口コミや使用時の感想などでも殆ど確認できませんが、最も起こり得る副作用の一つです。

チャップアップを使用して湿疹やかゆみ、かぶれなどの症状が続く場合は、使用を中止するか、酷い場合は専門家(毛髪診断士が相談に応じてくれるチャップアップのサポートセンター)などに相談してみることをお勧めします。

初期脱毛

育毛剤を使い始めたり変えたりすると、初期脱毛と言われる症状が出る場合があります。これは、一般的にヘアサイクルがリセットされ、正常なヘアサイクルに戻そうとする反動から起こるものと考えられており、発症する場合は、1週間から1ヶ月ほど脱毛が続きます。

初期脱毛は、ヘアサイクルのうち、休止期にある髪の毛が抜けるものだと考えられています。育毛剤の使用で毛母細胞の働きが活発になり、新しい髪の毛が生えてきて、休止期段階にある古い髪の毛が押し出されてしまう格好で短期間のうちに抜け落ちてしまうのです。

個人差があり、脱毛しない人もいれば、短期間で数百本脱毛する人もします。

チャップアップを含め国内の市販の育毛剤ではあまり発生しないようですが、ミノキシジルやフィナステリドなどの医薬品育毛剤では多くの人が初期脱毛を経験します。

初期脱毛が治まると通常はその後から髪の毛が生えてきます。

眠気、倦怠感、頭痛、体重増加、むくみ、めまいなど

チャップアップを含め国内の市販の育毛剤では殆ど確認されていませんが、ミノキシジルを用いた育毛剤で、頭痛やめまい・吐き気などの体調不良を起こす場合があります。

ミノキシジル(Minoxidil)はもともと高血圧の経口薬(血管拡張剤)として開発された成分ですが、後に副作用として発毛の効果が確認されたため、1980年代に認可された脱毛症の治療薬です。

血管拡張効果により、脱毛スイッチが入ってしまった毛根や収縮した血管の再生を促し頭皮の血行改善の役割を果たして発毛を促進します。

リキッドタイプ(外用薬)と経口タイプ(内服薬)のものがあり、リキッドタイプ(外用薬)としては、海外では、カークランド、ロゲインといった商品名で、日本では、リアップという商品名で販売されています。

経口タイプ(内服薬)は、海外から入手することはできますが、安全性が確認されていないため、日本はおろか米国でも育毛剤として認可されていません。

また、最近では、特に経口タイプ(内服薬)において肝機能障害や多臓器不全、意識障害といった重度の副作用(健康被害)も懸念されています。

男性機能の障害その他

フィナステリド(医薬品プロペシアなど)では、
・性欲減退
・精子減少
・精巣痛(睾丸痛)
・射精障害
・勃起不全
・発疹、蕁麻疹
・胃の不快感
・抑うつ
といった性機能の低下をはじめ様々な副作用が報告されています。勃起不全など、中には服用を中止しても治らない場合があるとされる症状もあるようです。

特にフィナステリドは、女性の場合は妊娠時のリスクを高めるとして、服用が禁止されているほか、触れるだけでも、有効成分が体内に吸収される場合があるので、妊産婦または妊娠の可能性のある女性は注意しなければなりません。

妊娠中の婦人がフィナステリドを服用したり触ったりすると、男子胎児の生殖器官等の発育に影響を及ぼすおそれがあると言われています。

フィナステリドやミノキシジルといった医薬品を使用する場合は、まだ明確になっていない副作用のリスクも含めて十分注意する必要があります。

副作用リスクの少ないチャップアップ

これらと比較してチャップアップなどの国内の育毛剤は、副作用のリスクを考慮して天然成分を中心に配合して開発・製造されたものが殆どで重篤な副作用は現在のところ確認されていません。

実際、興味本位でミノキシジルやフィナステリドを使用されていた方でもその副作用から使用を中止して国内の育毛剤に切り替える方が増えてきています。

とは言え、チャップアップなどの国内の育毛剤でも人によっては、かぶれやかゆみ、湿疹といった副作用は起こる可能性がありますので、それらの症状が発生した場合は使用を中止して下さい。また、人によっては初期脱毛もマレに起こる場合が確認されています。しばらく改善されない場合は、メーカー(業者)へ相談し指示をあおって下さい。

尚、チャップアップは、肌に合わないなど特定の人に備えて全額返金保証制度を設けています。痒みやかぶれ、湿疹など継続が難しい場合は、全額返金保証制度を利用しましょう。
 

関連ページ

チャップアップが配合する育毛成分
育毛商品は何と言っても配合されている成分でその効果の発揮度合が異なってきます。 以下は、チャップアップ関連商品(育毛剤チャップアップ、チャップアップサプリ、チャップアップシャンプー)が配合する成分の一覧です。

ヘアサイクル
髪の毛にも寿命があります。髪の毛は、成長期→退行期→休止期という一連の流れを経て最後は脱毛してしまいます。脱毛したらまた新しく生えてきて成長期からサイクルを繰り返します。このサイクルをヘアサイクル (毛周期)といいます。

チャップアップのレビュー
2013年に発売開始されたチャップアップは、爆発的人気で記録的な販売数を達成しています。あまりにも人気が出過ぎて横やりが入ったのかサイト内の広告も発売開始当初と比較するとかなり控えめとなりました。
 

Copyright (C) 2013 チャップアップの副作用 All Rights Reserved.