チャップアップ

チャップアップ体験レポート

チャップアップの口コミ

  1. チャップアップの効果
  2. アンドロゲンレセプター

MENU

チャップアップの効果

チャップアップの体験談

チャップアップの口コミ

チャップアップの副作用

チャップアップの成分

チャップアップ使用上の注意点

チャップアップの定期便はお得か

チャップアップの返金保証制度

チャップアップとイクオスの比較

チャップアップシャンプー

チャップアップサプリ

育毛剤選びから使用するまで

育毛剤と発毛剤の違い

育毛剤選びのポイント

生え際におすすめ育毛剤

産後の抜け毛専用の育毛剤

髪の基礎知識

髪の基礎知識

毛乳頭の働き

毛母細胞の働き

ヘアサイクルとは

脱毛症の種類

円形脱毛症の種類と治療法

フケの原因と対策

抜け毛・薄毛の原因

男性の薄毛・抜け毛の原因

女性の薄毛・抜け毛の原因

生え際が薄毛になる原因

目の酷使による薄毛

喫煙と抜け毛の関係

肝臓と抜け毛の関係

抜け毛・薄毛の対策

薄毛対策・抜け毛対策

頭皮の保湿と育毛

有酸素運動で毛細血管を増加

FGF-5を阻止して脱毛予防

頭皮マッサージで育毛促進

育毛に良い生活習慣

白髪の知識

白髪の原因と対策

気になる用語解説

AGAとは?

AGAと遺伝の関係

手遅れになる前にAGA対策

界面活性剤とは?

テストステロンの働き

5αリダクターゼの働き

アンドロゲンレセプターとは?

毛髪の再生医療

成長因子とチャップアップ

植毛の知識

その他

チャップアップ口コミ投稿

当サイトについて

サイトマップ

アンドロゲンレセプターの働き


アンドロゲンレセプターとは

アンドロゲンレセプターとは、脱毛の元凶である男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)を受け取る受容体のことで、男性ホルモン受容体とも呼ばれています。
 

アンドロゲンレセプターの働き

男性の場合、睾丸や副腎から分泌される男性ホルモン(テストステロン)は毛乳頭細胞に存在する還元酵素5αリダクターゼと結びついてDHTに変換されます。

DHTは、毛乳頭細胞に存在するアンドロゲンレセプター(男性ホルモン受容体)と反応することで脱毛因子を産出します。

従って、このアンドロゲンレセプターの感受性が高い人ほどAGAを発症するリスクが高くなります。

この感受性の強さは遺伝にも関係していると考えられており、禿げやすい人は感受性の強いアンドロゲンレセプターを遺伝により引き継ぐと考えられています。

アンドロゲンレセプターに関する遺伝子はX染色体に存在しています。

男性の性染色体はXYであり、X染色体を母親から、Y染色体を父親から受け継ぎますので、感受性の強いアンドロゲンレセプターは、母方から遺伝すると考えられています。

母方の父親が薄毛の場合はアンドロゲンレセプターの変異が遺伝している可能性があります。

AGA遺伝子検査の中には、アンドロゲンレセプター遺伝子のDNA塩基を調べることができるものもあります。

この検査によりAGAになりやすい体質かどうか検査することができ、その後の対策を講じることが可能となります。

アンドロゲンレセプターの働き

DHTはアンドロゲンレセプターと吸着することでTGF-βと言われる増殖抑制因子(脱毛因子)に変化します。

TGF-βから髪の毛の成長を抑制する命令を受けとった毛乳頭は髪の毛の成長をストップさせるよう毛母細胞に働きかけます。

後頭部や側頭部が禿げない訳

後頭部や側頭部はあまり禿げや薄毛になったりしません。髪質も頭部全体で比較すると硬くて太いのが一般的です。その理由の一つには、還元酵素5αリダクターゼにあります。

還元酵素5αリダクターゼにはT型とU型がありますが、AGAの元凶となる5αリダクターゼはU型と考えられています。

そして、U型5αリダクターゼは頭部の前頭部分から頭頂部分の毛の毛乳頭細胞に分布しますが、後頭部や側頭部の毛乳頭細胞には殆ど存在しないことがわかっています。

頭部の前頭部分から頭頂部分の毛乳頭細胞に存在するU型5αリダクターゼがテストステロンと結合することでDHTが産出され、アンドロゲンレセプターとの反応によって前頭部分から頭頂部分の軟毛化を引き起こします。
 

関連ページ

5αリダクターゼの働き
5αリダクターゼは、男性ホルモン(テストステロン)を、より強力な男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)に変換する酵素の一種で人体に存在します。U型5αリダクターゼが、より強力な男性ホルモンDHTを生成する役割を果たすと考えられています。

AGAと遺伝との関係
「ハゲは遺伝」というのは、まんざら都市伝説ではなく、ハゲと遺伝は確かに何らかの関係があると考えられています。特に男性のハゲ(薄毛)の90%以上を占めると言われている男性型脱毛症(通称AGA)は遺伝の影響を受けやすいと考えられています。

FGF-5を抑制して育毛促進
人間の体内には、FGF(線維芽細胞増殖因子)という因子があります。FGF因子は多種存在し、基本的には細胞分裂を活性化し、増殖を促す成長因子ですが、このうちFGF-5は、髪の毛が抜けるよう指示を出す物質で、脱毛因子とも言われています。

生え際におすすめ育毛剤
生え際が薄毛になる原因と対策から、生え際に有効な育毛剤は、5αリダクターゼやDHTを抑制する成分を配合した商品の選定、発毛促進成分・血行促進成分が充実している商品の選定、浸透力のある商品の選定ということが言えます。

Copyright (C) 2013 アンドロゲンレセプターの働き All Rights Reserved.