チャップアップ

チャップアップ体験レポート

チャップアップの口コミ

  1. チャップアップの効果
  2. 男性の薄毛・抜け毛の原因

MENU

チャップアップの効果

チャップアップの体験談

チャップアップの口コミ

チャップアップの副作用

チャップアップの成分

チャップアップ使用上の注意点

チャップアップの定期便はお得か

チャップアップの返金保証制度

チャップアップとイクオスの比較

チャップアップシャンプー

チャップアップサプリ

育毛剤選びから使用するまで

育毛剤と発毛剤の違い

育毛剤選びのポイント

生え際におすすめ育毛剤

産後の抜け毛専用の育毛剤

髪の基礎知識

髪の基礎知識

毛乳頭の働き

毛母細胞の働き

ヘアサイクルとは

脱毛症の種類

円形脱毛症の種類と治療法

フケの原因と対策

抜け毛・薄毛の原因

男性の薄毛・抜け毛の原因

女性の薄毛・抜け毛の原因

生え際が薄毛になる原因

目の酷使による薄毛

喫煙と抜け毛の関係

肝臓と抜け毛の関係

抜け毛・薄毛の対策

薄毛対策・抜け毛対策

頭皮の保湿と育毛

有酸素運動で毛細血管を増加

FGF-5を阻止して脱毛予防

頭皮マッサージで育毛促進

育毛に良い生活習慣

白髪の知識

白髪の原因と対策

気になる用語解説

AGAとは?

AGAと遺伝の関係

手遅れになる前にAGA対策

界面活性剤とは?

テストステロンの働き

5αリダクターゼの働き

アンドロゲンレセプターとは?

毛髪の再生医療

成長因子とチャップアップ

植毛の知識

その他

チャップアップ口コミ投稿

当サイトについて

サイトマップ

男性の薄毛・抜け毛として考えられる原因


男性の薄毛・抜け毛の原因は殆どがAGA

男性の薄毛・抜け毛の殆ど(約90%以上)がAGA(男性型脱毛症)が原因と考えられています。早い人は20代から、50代になると半数以上が発症すると言われています。

AGAは、
生え際が後退していく「M型脱毛症」と、
頭頂部から脱毛が進む「O型脱毛症」、
M型とO型2つが合わさって全体的に髪が薄くなる「複合型脱毛症
などがあります。

AGA(男性型脱毛症)を発症すると正常なヘアサイクルが乱れ、本来、髪が太く長く成長する成長期を十分に経ることなく退行期・休止期へ向かうことになってしまいます。

その結果、休止期にある髪の割合が増え、抜け毛の進行がだんだんと早くなり髪が弱々しくなりながら本数も徐々に減っていき薄毛になっていきます。

AGAは男性ホルモン(テストステロン)と大きな関係があります。

男性ホルモン(テストステロン)は、本来、体毛の成長や男性らしい筋肉の形成、男性らしい声づくり、やる気や男性的な性格づくりなどを促進しますが、髪の毛となると脱毛・薄毛を促す厄介な物質です。特に生え際部分や頭頂部分が影響を受けます。

但し、テストステロンが直接、脱毛や薄毛に働きかけるのではありません。

男性の場合、主に睾丸から分泌される男性ホルモン(テストステロン)は、血液に流れ細胞内に入ります。このテストステロンが、頭皮に存在する「U型5αリダクターゼ 」という酵素と結びついて、より強力な男性ホルモンの「DHT(ジヒドロテストステロン)」に変化します。

DHT(ジヒドロテストステロン)は、毛乳頭にあるアンドロゲンレセプターと結合して脱毛因子を増やし、毛乳頭や毛母細胞へ「髪の毛が抜けるよう」指令を出します。
  

AGAの流れ図

この作用で髪の毛は十分な成長期を経ないまま、退行期、休止期へと向かい、抜け落ち、だんだんと毛髪がうぶ毛化してやがては毛髪が生えてこなくなってしまうのです。

前頭部生え際部分や頭頂部に薄毛が多いのは、U型5αリダクターゼが、主に前頭部生え際部分や頭頂部の毛乳頭細胞に分布するためです。

このことからも、AGA対策としては、その原因である5αリダクターゼを阻害してDHTの生産を抑制したり、DHTの働き自体を抑制したりすることが有効だということがわかります。

この5αリダクターゼを阻害する成分としては、フィナステリド(日本ではプロペシアという名前で処方)が有名ですが、亜鉛やノコギリヤシ(ソウパルメット)、オウゴンエキス、ヒオウギエキスといった天然成分にもこの作用があることがわかっています。

そしてこれらの天然成分はチャップアップなどの育毛剤やチャップアップサプリなどの育毛サプリにも配合されています。

遺伝的要素

髪と遺伝の因果関係は現在のところ明確に解明されていませんが、髪と遺伝には密接に関係があると考えられています。

5αリダクターゼを過剰につくりだす体質の遺伝

AGAによる脱毛の原因とされるDHTは、男性ホルモン(テストステロン)と5αリダクターゼの2つが結び付いて生まれますが、一つは、5αリダクターゼを過剰につくりだす体質を両親から遺伝によって受け継ぐことが原因と考えられています。

5αリダクターゼを過剰につくりだす体質を遺伝により引き継ぐと必然的にAGAの元凶であるDHTの生産が多くなり、AGAの発症リスクが高くなります。

感受性の高いアンドロゲンレセプターの遺伝

また、DHTは、アンドロゲンレセプター(男性ホルモン受容体)と結びついて脱毛因子(TGF-β)を作り出しますが、感受性の高いアンドロゲンレセプターも遺伝によって引き継がれるということがわかっています。

遺伝的要素もありますが、親が薄毛だからと諦めることはありません。今ではAGAのメカニズムの解明とその対策によってAGA(薄毛)はかなりの確率で予防・改善することができます。

生活習慣・食習慣など

AGA(男性型脱毛症)は、加齢や体質、遺伝により発症しますが、研究により生活習慣によって、AGAの発症を促進するということがわかっています。

AGAは、いわば病的症状のようなものですので、育毛剤や育毛サプリなどを利用することによってしっかりしたAGA対策をすることが必要ですが、基本は何といっても、規則正しい生活、適度な運動、バランスの良い食事、睡眠、ストレス対策などです。
 

関連ページ

ヘアサイクル
毎日少しずつ成長している髪の毛ですが、髪の毛にも寿命があります。髪の毛は、成長期→退行期→休止期という一連の流れを経て最後は脱毛。脱毛したらまた新しく生えてきて成長期からサイクルを繰り返します。このサイクルをヘアサイクル (毛周期)といいます。

テストステロンの働き
男性ホルモンには幾つかの種類がありますが、テストステロンは、主に男性に多く分泌される男性ホルモン(アンドロゲン)の一つです。男性ホルモンの大半(90%以上)を占めると言われ、最も生理活性が強く男性ホルモンの主な作用の殆どを担います。

アンドロゲンレセプターの働き
男性の場合、睾丸や副腎から分泌されるテストステロンは毛乳頭細胞に存在する還元酵素5αリダクターゼと結びついてDHTに変換されます。 DHTは、毛乳頭細胞に存在するアンドロゲンレセプター(男性ホルモン受容体)と反応することで脱毛因子を産出します。

育毛に良い生活習慣・食習慣
育毛剤や育毛サプリメント、育毛シャンプーをなど利用することにより頭髪の状態を改善することが必要になりますが、基本は何といっても規則正しい生活、適度な運動、バランスの良い食事、睡眠、ストレス対策などです。
 

Copyright (C) 2013 男性の薄毛・抜け毛の原因 All Rights Reserved.