チャップアップ

チャップアップ体験レポート

チャップアップの口コミ

  1. チャップアップの効果
  2. 発毛剤と育毛剤の違い

MENU

チャップアップの効果

チャップアップの体験談

チャップアップの口コミ

チャップアップの副作用

チャップアップの成分

チャップアップ使用上の注意点

チャップアップの定期便はお得か

チャップアップの返金保証制度

チャップアップとイクオスの比較

チャップアップシャンプー

チャップアップサプリ

育毛剤選びから使用するまで

育毛剤と発毛剤の違い

育毛剤選びのポイント

生え際におすすめ育毛剤

産後の抜け毛専用の育毛剤

髪の基礎知識

髪の基礎知識

毛乳頭の働き

毛母細胞の働き

ヘアサイクルとは

脱毛症の種類

円形脱毛症の種類と治療法

フケの原因と対策

抜け毛・薄毛の原因

男性の薄毛・抜け毛の原因

女性の薄毛・抜け毛の原因

生え際が薄毛になる原因

目の酷使による薄毛

喫煙と抜け毛の関係

肝臓と抜け毛の関係

抜け毛・薄毛の対策

薄毛対策・抜け毛対策

頭皮の保湿と育毛

有酸素運動で毛細血管を増加

FGF-5を阻止して脱毛予防

頭皮マッサージで育毛促進

育毛に良い生活習慣

白髪の知識

白髪の原因と対策

気になる用語解説

AGAとは?

AGAと遺伝の関係

手遅れになる前にAGA対策

界面活性剤とは?

テストステロンの働き

5αリダクターゼの働き

アンドロゲンレセプターとは?

毛髪の再生医療

成長因子とチャップアップ

植毛の知識

その他

チャップアップ口コミ投稿

当サイトについて

サイトマップ

発毛剤・育毛剤・養毛剤の違い


発毛剤・育毛剤・養毛剤

一般的には、発毛剤、育毛剤、養毛剤の違いを明確に区別することはなく、単に「育毛剤」とよんでいますが、薬事法などでは、明確に区別しています。

発毛剤とは?

発毛剤は、薬事法では「医薬品」扱いとなります。
発毛剤は、脱毛した毛穴から、毛母細胞の活性化に働きかけたり、新生毛の発育を助けたりして積極的に毛髪を発毛させるように働きかけます。

育毛剤や養毛剤との違いは、両者が毛髪によい環境を作り出し、髪を育てることを目的とするのに対して、毛を生やすことを目的としたものになります。日本では、テレビのCMでもお馴染みの大正製薬のリアップ(成分:ミノキシジル)や、病院で処方される万有製薬のプロペシア(内服薬)(成分:フィナステリド)などが有名です。

育毛剤とは?

育毛剤は、薬事法では「医薬部外品」扱いとなります。
育毛剤は文字通り、毛髪が育つ環境をつくり、毛髪の成長を促すおすすめものです。フケやかゆみ、炎症などを抑え、脱毛の予防や現在生えている髪の毛を丈夫に育てることを目的としています。養毛剤の働きと類似していますが、育毛剤は特に髪の成長を積極的に促すことを目的としています。

養毛剤とは?

養毛剤は、薬事法では「化粧品」扱いとなります。
頭皮と髪の毛に各種の栄養成分や保湿成分、皮脂やフケなどを抑える成分を補給して、脱毛を抑えたり保護したり、頭皮と毛髪の健康を維持することを目的としています。

発毛剤・育毛剤・養毛剤の効果

医薬部外品とは、日本の薬事法で定められた医薬品と化粧品の中間的な分類で、「効果や効能が確認されているが、あくまで予防の範囲に収まる程度のもの、作用が緩やかで副作用も少ないもの」とされています。

医薬品との違いについては、簡単に言うと、医薬品は効果が認められるものであるのに対して、医薬部外品は効果が期待できるものとなり、効果が期待できる順に並べると、一般的に「発毛剤 > 育毛剤 > 養毛剤」ということになります。但し、医薬品は、効果が高い分、副作用等のリスクがあります。

現在、ネットで販売されている一般的な育毛剤は、医薬部外品のものか化粧品のものかになります。医薬部外品も化粧品も、全成分の表示が義務づけられています。

化粧品の成分表示は配合量の多い順に記述することが義務づけられていますが、医薬部外品は順不同でも構いません。そして、医薬部外品は、有効成分とその他の成分を分けて表示することになっています。

当サイトでご紹介しているチャップアップは、医薬部外品の育毛剤となります。

育毛剤では髪の毛は生えてこないのか?

それでは、育毛剤では髪の毛は生えてこないのか、という疑問が出てきますが、そうとは限りません。上記の区別はあくまでも薬事法上の区別で、育毛剤だからといって必ずしも医薬品である発毛剤よりも効果が劣るとは言い切れないのが現状です。

メーカーの検証では、チャップアップが配合するM-034エキスのようにミノキシジルなどの医薬品(発毛剤)と同等の効果が期待できるとされる成分もあります。

育毛剤でも新しい髪の毛が生えてくるものもあれば、発毛剤だからといって髪の毛が必ず生えてくるとは限らないのが実態のようです。勿論、個人差もあります。

最近では育毛剤でも発毛剤と同等の効果が期待できるものが出てきています。個人によっては、育毛剤で、より効果が確認される方もいらっしゃいます。

医薬部外品の育毛剤:チャップアップ
 

関連ページ

育毛剤選びのポイント
育毛剤選びで特に大切なのは、その配合成分と浸透力です。優れた成分を含んでいても頭皮の奥まで浸透しなければ意味がありません。また、浸透力があっても自分の育毛に有効な成分でなければ効果も期待できません。

生え際におすすめ育毛剤
生え際が薄毛になる原因と対策から、生え際に有効な育毛剤は、5αリダクターゼやDHTを抑制する成分を配合した商品の選定、発毛促進成分・血行促進成分が充実している商品の選定、浸透力のある商品の選定ということが言えます。

産後の抜け毛におすすめの育毛剤
産後の抜け毛は産後脱毛症や分娩後脱毛症と呼ばれています。出産後、一時的に抜け毛が多くなったり、髪が痩せるなどして髪が薄くなったりします。出産経験者の半数以上が発症すると言われています。

薄毛対策・抜け毛対策とチャップアップ
薄毛・抜けの原因は、男性の場合は、その殆どの場合がAGA(男性型脱毛症)、女性の場合は、ホルモンバランスを崩して発症するFAGA(びまん性脱毛症)や、分娩後脱毛症(産後脱毛症)などがあります。
 

Copyright (C) 2013 発毛剤と育毛剤、養毛剤の違い All Rights Reserved.