チャップアップ

チャップアップ体験レポート

チャップアップの口コミ

  1. チャップアップの効果
  2. 育毛剤選びのポイント

MENU

チャップアップの効果

チャップアップの体験談

チャップアップの口コミ

チャップアップの副作用

チャップアップの成分

チャップアップ使用上の注意点

チャップアップの定期便はお得か

チャップアップの返金保証制度

チャップアップとイクオスの比較

チャップアップシャンプー

チャップアップサプリ

育毛剤選びから使用するまで

育毛剤と発毛剤の違い

育毛剤選びのポイント

生え際におすすめ育毛剤

産後の抜け毛専用の育毛剤

髪の基礎知識

髪の基礎知識

毛乳頭の働き

毛母細胞の働き

ヘアサイクルとは

脱毛症の種類

円形脱毛症の種類と治療法

フケの原因と対策

抜け毛・薄毛の原因

男性の薄毛・抜け毛の原因

女性の薄毛・抜け毛の原因

生え際が薄毛になる原因

目の酷使による薄毛

喫煙と抜け毛の関係

肝臓と抜け毛の関係

抜け毛・薄毛の対策

薄毛対策・抜け毛対策

頭皮の保湿と育毛

有酸素運動で毛細血管を増加

FGF-5を阻止して脱毛予防

頭皮マッサージで育毛促進

育毛に良い生活習慣

白髪の知識

白髪の原因と対策

気になる用語解説

AGAとは?

AGAと遺伝の関係

手遅れになる前にAGA対策

界面活性剤とは?

テストステロンの働き

5αリダクターゼの働き

アンドロゲンレセプターとは?

毛髪の再生医療

成長因子とチャップアップ

植毛の知識

その他

チャップアップ口コミ投稿

当サイトについて

サイトマップ

育毛剤の選び方


育毛剤選びは以下の点がポイントとなります。

自分の薄毛の原因にあった成分を配合する育毛剤

このサイトでは、
・男性の場合は、遺伝や加齢などによるAGA(男性型脱毛症)が原因で薄毛・抜け毛・細毛が進行している方、
・女性の場合は、加齢やストレス、ダイエットなどによるホルモンバランスの乱れにより薄毛・抜け毛・細毛が進行している方、
に焦点をあわせていますので、円形脱毛症やその他の病気などによる脱毛症などの育毛剤として選択する場合は他の育毛剤に劣る可能性があります。

まずは、自分の薄毛や抜け毛の原因を理解し、それにあった育毛剤を選択することが大前提となります。

成分+浸透力重視

育毛剤選びで特に大切なのは、その配合成分と浸透力です。

優れた成分を含んでいても頭皮の奥まで浸透しなければ意味がありません。
また、浸透力があっても自分の育毛に有効な成分でなければ効果も期待できません。

自分の薄毛の原因に合った配合成分と浸透力の両輪があってはじめて自分にあった優れた育毛剤ということができます。最近の育毛剤は浸透力を考慮したものが殆どです。

当サイトでご紹介するチャップアップは、成分・浸透力ともに優れていると言えます。

安心・安全な育毛剤

育毛剤によっては、頭皮トラブルへ発展する場合があり、折角の育毛も逆の結果となる場合があります。アルコールを含む育毛剤も多いため敏感肌、アレルギーの方は注意を要します。また、防腐剤や添加物が入った商品も多く見受けられます。頭皮に悪影響を与える可能性がありますのでしっかり確認することをおすすめします。

特に妊娠中の方や出産後の方は赤ちゃんへの影響を意識する必要があります。その点、無添加の育毛剤を選べば安心です。

また、育毛剤は長期戦です。長期に渡り、頭皮へ塗布するため浸透・蓄積の作用は侮れません。長期間使用しても体へ悪影響のないものを選ぶことが大切です。

CMなどで有名な育毛剤

テレビなどのCMで有名な育毛剤は優れた育毛剤かというとそうとは限りません。

CMなどに膨大な広告費をかけた分はしっかり消費者から回収されます。育毛剤に無駄なコストをかけたくなければ、その商品の広告だけにとらわれず配合されている成分やその効果の出るメカニズム、評判や口コミなどにしっかりと目を向けることが大切です。

実際、同じような成分を配合している商品でもメーカーや業者によって商品の紹介(広告)の仕方や販売価格が全く異なったりします。

当サイトでは、口コミや人気を徹底リサーチし、独自の基準で育毛剤チャップアップを選定・ご紹介しています。

3ヶ月使用してから結論を出す

育毛剤には即効性がありません。自分にあった育毛剤かどうかの結論を出すには個人差がありますが、特に支障がない限り3ヶ月は使用してみる必要があります。

髪の毛は1ヶ月に1センチ伸びると言われていますが、これはヘアサイクルの成長期にある健康な髪の場合です。産毛など発毛初期段階にある髪の毛は1ヶ月で1ミリ程度しか伸びないと言われています。生え際の髪の毛も成長が遅いと言われています。頭皮の中で育っている髪もしかりです。

頭皮の奥から育ってくる髪の毛が「生えている」と確認できるようになるまでは、数ヶ月を要しますし、「産毛が育ってきた」と実感できるようになるまでにもさらに数ヶ月を要しますし、3ヶ月間様子を見て、全く変化が感じなければ育毛剤の切り替えを検討、少しでも効果が確認できれば半年間使ってみることをお勧めします。

育毛剤のランニングコストも、1本単体ではなく3ヶ月という期間で割り出す必要があります。極力コストを抑えたい場合は、まとめ買いや定期購入を利用した方がお得です。

特に定期購入の場合でもチャップアップのように2回目から解約できるものが増えています。

育毛剤選びのポイント

これらのことからも、育毛剤選びは、
「自分の薄毛の原因にあった有効成分を配合した」
「浸透力のある育毛剤」

「3ヶ月間使用してみる」
ことがポイントとなります。

当サイトでは、配合成分、浸透力、口コミや評判、コストパフォーマンスなどを総合的に評価し、最も優れた育毛剤としてチャップアップをご紹介しています。
 

関連ページ

発毛剤と育毛剤の違い
一般的には、発毛剤、育毛剤、養毛剤の違いを明確に区別することはなく、単に「育毛剤」とよんでいますが、薬事法などでは、明確に区別しています。発毛剤は、薬事法では「医薬品」扱いとなります。育毛剤は、薬事法では「医薬部外品」扱いとなります。

生え際におすすめ育毛剤
生え際が薄毛になる原因と対策から、生え際に有効な育毛剤は、5αリダクターゼやDHTを抑制する成分を配合した商品の選定、発毛促進成分・血行促進成分が充実している商品の選定、浸透力のある商品の選定ということが言えます。

産後の抜け毛におすすめの育毛剤
産後の抜け毛は産後脱毛症や分娩後脱毛症と呼ばれています。出産後、一時的に抜け毛が多くなったり、髪が痩せるなどして髪が薄くなったりします。出産経験者の半数以上が発症すると言われています。

薄毛対策・抜け毛対策とチャップアップ
薄毛・抜けの原因は、男性の場合は、その殆どの場合がAGA(男性型脱毛症)、女性の場合は、ホルモンバランスを崩して発症するFAGA(びまん性脱毛症)や、分娩後脱毛症(産後脱毛症)などがあります。
 

Copyright (C) 2013 育毛剤選びのポイント All Rights Reserved.