チャップアップ

チャップアップ体験レポート

チャップアップの口コミ

  1. チャップアップの効果
  2. 毛髪の再生医療

MENU

チャップアップの効果

チャップアップの体験談

チャップアップの口コミ

チャップアップの副作用

チャップアップの成分

チャップアップ使用上の注意点

チャップアップの定期便はお得か

チャップアップの返金保証制度

チャップアップとイクオスの比較

チャップアップシャンプー

チャップアップサプリ

育毛剤選びから使用するまで

育毛剤と発毛剤の違い

育毛剤選びのポイント

生え際におすすめ育毛剤

産後の抜け毛専用の育毛剤

髪の基礎知識

髪の基礎知識

毛乳頭の働き

毛母細胞の働き

ヘアサイクルとは

脱毛症の種類

円形脱毛症の種類と治療法

フケの原因と対策

抜け毛・薄毛の原因

男性の薄毛・抜け毛の原因

女性の薄毛・抜け毛の原因

生え際が薄毛になる原因

目の酷使による薄毛

喫煙と抜け毛の関係

肝臓と抜け毛の関係

抜け毛・薄毛の対策

薄毛対策・抜け毛対策

頭皮の保湿と育毛

有酸素運動で毛細血管を増加

FGF-5を阻止して脱毛予防

頭皮マッサージで育毛促進

育毛に良い生活習慣

白髪の知識

白髪の原因と対策

気になる用語解説

AGAとは?

AGAと遺伝の関係

手遅れになる前にAGA対策

界面活性剤とは?

テストステロンの働き

5αリダクターゼの働き

アンドロゲンレセプターとは?

毛髪の再生医療

成長因子とチャップアップ

植毛の知識

その他

チャップアップ口コミ投稿

当サイトについて

サイトマップ

毛髪の再生医療


再生医療とは?

再生医療とは、自分自身が持っている再生機能を生かした新しい治療方法です。

事故や病気によって損傷を受けた身体の細胞、組織、器官の再生や機能の回復を幹細胞などを用いて復元させることを目的とした最先端の医療技術です。

最近では、iPS細胞を使った再生医療にも注目が集まっています。

毛髪の再生医療

再生医療は毛髪の再生医療にも活用されています。

先日、テレビでも放映されていましたが、細胞技術の急速な発展で、毛髪の生産器官である毛包を新たに作り出すことも可能になりつつあります。実現すれば、毛髪の生産器官が死滅してしまった箇所でも発毛が可能となります。

iPS細胞を用いた毛髪再生の研究を進めている大手メーカーもあり、近い将来、事業展開が予定されています。

現時点でも、毛髪の再生医療として「HARG療法」というものがあります。

HARG(ハーグ)療法

HARG療法とは、人間の組織の中心的役割を担う幹細胞から抽出された毛髪再生の有効成分である150種類以上の「成長因子」やビタミンやアミノ酸などの「栄養素」を頭皮へ注入することで毛包を蘇らせ発毛を促す治療法です。

毛髪再生の有効成分を頭皮にダイレクトに与えていく治療法で、医療機関でしか施術することができない発毛・育毛療法です。

2009年から開始されて現在では全国200院近くの医院で施術されており、年齢や男女の性別に関係なく育毛・増毛効果が期待できるとされています。

注入の方法には、注射による方法や医療用のローラーを用いる方法などがあります。痛みをできる限り軽減するため局所麻酔薬を使用する場合が殆どですが、中には独自の両方で痛みを大幅に軽減する療法を施しているクリニックも増えてきています。

注入された成長因子は細胞の活性・再生に働きかけ、毛乳頭が毛母細胞へ育毛指令を与えることをサポートしたり、毛細血管などの周辺環境を向上させることで育毛の再生を力強くサポートします。

通常は、HARG治療の得意とする発毛・育毛促進に加えて、抜け毛予防などでプロペシアやミノキシジルなどの処方がセットになっているケースが多いようです。

1ヶ月に1度の治療で1クール6回から8回ほどの施術が一般的です。

早い人で1ヶ月、平均すると3ヶ月〜6ヶ月ほどで発毛しはじめ、1年ほどで目に見えた効果を実感できるといいます。

肝心のHARG療法による発毛率は、一般的に95%以上とも99%と言われており、男女を問わず、ほぼ確実に発毛する高い効果を発揮すると言われていますが、施術した側と施術された側の効果の感じ方が異なり、効果が無かったとする施術された側の意見が多いのも事実です。

HARG療法は、毛穴が見えなくなってしまった頭皮でも毛穴を作り出し、本来生える髪を再び発毛させることが可能です。また、副作用が殆どないことでも有名な治療法です。

費用は、1クールおよそ100万円ほどからです。
尚、効果が出る時期や発毛率、費用などはカクテルなどに入れてある成分などにより異なってくるため、治療を行う医院によってマチマチです。

いずれにしてもこの療法は細胞が死滅していない場合にのみ有効です。

細胞が死滅してしまっている場合は、iPS細胞により毛包(毛を作り出す機関)を一から作り出すか、植毛などで髪の毛を植えてやる必要が出てきます。

毛髪の再生医療の今後

尚、iPS細胞による毛髪再生の研究も進められていますがこちらはまだ研究段階で実用化はもう少し先となりそうですが、iPS細胞による毛髪の再生医療が可能になれば薄毛治療も一気に進展します。

2014年、再生医療新法が施行され、医療機関しかできなかった治療用の細胞の培養や加工を企業が行えるようになったため、毛髪再生医療の研究を本格的に開始させる大手企業も出てきており、今後に期待したいところです。

チャップアップは、成長因子といった成分は配合していませんが、近年、毛髪の再生医療に着目し、育毛剤に成長因子を配合したものが出てきています。
 

関連ページ

成長因子とチャップアップ
成長因子は、別名「グロスファクター」とも呼ばれ、細胞の成長・増殖・分化を促進するタンパク質の一種です。人体の様々な器官の細胞から分泌され、細胞の活性化や皮膚細胞の増殖、また新陳代謝を促進したり、抗酸化作用により細胞の酸化を防ぐ働きがあります。

生え際におすすめ育毛剤
生え際が薄毛になる原因と対策から、生え際に有効な育毛剤は、5αリダクターゼやDHTを抑制する成分を配合した商品の選定、発毛促進成分・血行促進成分が充実している商品の選定、浸透力のある商品の選定ということが言えます。

プラセンタの育毛効果
プラセンタとは英語で母親と赤ちゃんをつなぐ「胎盤」という意味ですが、健康食品や化粧品で「プラセンタ」と呼んでいるのは胎盤そのものではなく、胎盤から細胞分裂を促進する成長因子(グロースファクター)や他の栄養素を抽出したもののことをいいます。

Copyright (C) 2013 毛髪の再生医療 All Rights Reserved.