チャップアップ

チャップアップ体験レポート

チャップアップの口コミ

  1. チャップアップの効果
  2. 育毛に良い生活習慣・食習慣

MENU

チャップアップの効果

チャップアップの体験談

チャップアップの口コミ

チャップアップの副作用

チャップアップの成分

チャップアップ使用上の注意点

チャップアップの定期便はお得か

チャップアップの返金保証制度

チャップアップとイクオスの比較

チャップアップシャンプー

チャップアップサプリ

育毛剤選びから使用するまで

育毛剤と発毛剤の違い

育毛剤選びのポイント

生え際におすすめ育毛剤

産後の抜け毛専用の育毛剤

髪の基礎知識

髪の基礎知識

毛乳頭の働き

毛母細胞の働き

ヘアサイクルとは

脱毛症の種類

円形脱毛症の種類と治療法

フケの原因と対策

抜け毛・薄毛の原因

男性の薄毛・抜け毛の原因

女性の薄毛・抜け毛の原因

生え際が薄毛になる原因

目の酷使による薄毛

喫煙と抜け毛の関係

肝臓と抜け毛の関係

抜け毛・薄毛の対策

薄毛対策・抜け毛対策

頭皮の保湿と育毛

有酸素運動で毛細血管を増加

FGF-5を阻止して脱毛予防

頭皮マッサージで育毛促進

育毛に良い生活習慣

白髪の知識

白髪の原因と対策

気になる用語解説

AGAとは?

AGAと遺伝の関係

手遅れになる前にAGA対策

界面活性剤とは?

テストステロンの働き

5αリダクターゼの働き

アンドロゲンレセプターとは?

毛髪の再生医療

成長因子とチャップアップ

植毛の知識

その他

チャップアップ口コミ投稿

当サイトについて

サイトマップ

育毛に良い生活習慣・食習慣


AGA(男性型脱毛症)や女性の男性型脱毛症(FAGA)は、加齢や体質、遺伝により発症しますが研究により生活習慣でその発症が促進されるということがわかっています。

育毛剤や育毛サプリメント、育毛シャンプーをなど利用することにより頭髪の状態を改善することが必要になりますが、基本は何といっても規則正しい生活、適度な運動、バランスの良い食事、睡眠、ストレス対策などです。

睡眠

必要な睡眠時間は人それぞれですが、少なくとも6時間から7時間程度は睡眠した方が髪の健康にもよいことです。睡眠不足になると、血行が悪くなりますので、頭皮に上手に栄養が運ばれません。

特に、22時から翌2時の4時間の間は、ゴールデンタイムとも言われており、成長ホルモンが最も分泌される時間帯と言われていますので(入眠する時間に関係なく睡眠に入って3〜4時間という説もあります)できるだけこの時間帯に睡眠をとるようにします。成長ホルモンの働きにより、髪の毛のほか、皮膚、筋肉なども育成されます。

適度な運動

適度な運動を日常的に行うことによって血行が改善され、薄毛の予防効果・白髪の予防効果を生み出すことができます。適度な運動は、血行を良くするほかホルモンバランスを整えたりストレス発散効果(緩和効果)などもあります。

特にウォーキングや水泳などの有酸素運動を継続することは、筋肉量の増加を目的とした短時間の不定期な無酸素運動に比べて白髪・脱毛リスクを抑えることができると言われています。さらに、運動によって発汗を促すことにより、頭皮からDHT(ジヒドロテストステロン)を排出し、薄毛予防、育毛効果があると考えられています。

さらに有酸素運動は、髪の毛の生成のために栄養(酸素や栄養素)を与える毛細血管を増加させる効果があると言われています。

有酸素運動で毛細血管を増やす

適度な運動は、人の健康全般に良い影響を与えるだけでなく育毛にとっても非常に大切なことです。質のよい睡眠をとるためにも適度な運動は有効です。

食生活(バランスのいい食事)

髪に必要な栄養として最も大事とされる栄養素が、髪の毛の主成分でもあるタンパク質です。同時にビタミンやミネラルなどの摂取も大事です。必須ミネラルの一つである亜鉛は、タンパク質の合成や骨の発育などに欠かすことのできない必須ミネラルです。髪の毛の主成分はタンパク質ですが、体内に取り込まれたタンパク質は一端アミノ酸に分解され、亜鉛の働きによってタンパク質に再合成されます。

タンパク質の一種であるコラーゲンも髪の毛を太くするのに効果的と言われています。髪の毛に腰がなくなってきたと感じたらコラーゲンをたっぷり摂ることをおすすめします。コラーゲンは抜け毛予防に限らず、アメリカの研究機関で行われた実験では、毎日14gのコラーゲンを2ヶ月間に渡って摂取し続けたところ、摂取前に比べて毛髪がおよそ10%も太くなったという研究結果が報告されています。髪の毛のボリュームアップを図りたい場合などは有効な成分となります。

また、ビタミンも、髪の成長に大きく影響する栄養素です。
・血行を促進するビタミンE、
・細胞分裂を正常化して頭皮の健康を保つビタミンA、
・コラーゲンの生成を助けて血管や頭皮を丈夫にするビタミンC、
・ビタミンCの吸収を助けビタミンCが体内で十分機能を果たす手助けをするビタミンP
などは、髪の成長に大きく影響する栄養素です。

ビタミンEは玄米、胚芽米、胡麻、ナッツ類や植物性の油に多く含まれ、ビタミンAはニンジンやカボチャ、小松菜、ホウレン草などに、ビタミンCはアセロラ、いちご、キウィ、グレープフルーツ、レモンなどに、ビタミンPはみかん、レモン、オレンジ、グレープフルーツなどの柑橘類に多く含まれています。

バランスのいい食事を心がければ大体の成分は摂取されますのでバランスのいい食事を心がけることが大切です。最近は育毛に特化したサプリメントも豊富です。手軽にサプリメントなどで補うことも有効です。

ストレス対策

適度なストレスは必要ですが、過度のストレスは、身体にあらゆる悪影響を及ぼします。ストレスを感じると、自律神経の働きが鈍り、筋肉が収縮して血行が悪くなり、髪の成長に必要な栄養が十分に運ばれなくなってしまい、結果的に抜け毛や薄毛の原因となってしまいます。

また、ストレスを感じることで食欲不振や内臓の機能低下、不眠症など、健康そのものに害を及ぼしてしまいます。ストレス解消方法を見つけてストレスを上手に発散することが大切です。ストレス発散効果には運動は大変有効です。

喫煙

喫煙は、タバコの中に含まれるニコチンが血管を収縮させて血行を悪くする作用を持っているため、白髪や薄毛のリスクが高くなると言われています。実験でもニコチンは、AGAの進行を強めるリスクがあるといった結果も出ています。喫煙者は禁煙を行うことで薄毛や白髪の改善を期待することができます。

ヘアケア対策

最も有効なヘアケア対策は育毛剤やサプリメントを利用することです。身体の外や内から育毛に良い成分や頭皮に栄養を取り入れることは言うまでもなく育毛を促進します。

また、毎日使うシャンプーは、髪(頭皮)に良いものを選ぶことが大切です。ラウリル硫酸Na、ラウレス硫酸Naなどの成分を使用しているシャンプーは使用し続けることで抜け毛や細毛の原因にもなりかねないと考えられています。

頭皮をマッサージすることも有効です。頭皮マッサージは頭皮の凝りをほぐし、血行促進やリラックス効果を発揮してストレス解消にも効果的です。頭皮を傷つけないよう指の腹を使って優しく丁寧に行うようにします。特に育毛剤を使用している場合はマッサージをすることで有効成分の浸透率を高めることができます。

さらにドライヤーの使い方にも注意が必要です。できれば冷風が良いのですが、温風を使用するときは十分放して、頭皮に直接当たらないよう、また短時間使用するように心がけます。ドライヤーの使い過ぎは、頭皮に悪影響を与えます。
 

Copyright (C) 2013 髪の毛に良い生活習慣・食習慣 All Rights Reserved.