チャップアップ

チャップアップ体験レポート

チャップアップの口コミ

  1. チャップアップの効果
  2. 白髪の原因と予防と対策

MENU

チャップアップの効果

チャップアップの体験談

チャップアップの口コミ

チャップアップの副作用

チャップアップの成分

チャップアップ使用上の注意点

チャップアップの定期便はお得か

チャップアップの返金保証制度

チャップアップとイクオスの比較

チャップアップシャンプー

チャップアップサプリ

育毛剤選びから使用するまで

育毛剤と発毛剤の違い

育毛剤選びのポイント

生え際におすすめ育毛剤

産後の抜け毛専用の育毛剤

髪の基礎知識

髪の基礎知識

毛乳頭の働き

毛母細胞の働き

ヘアサイクルとは

脱毛症の種類

円形脱毛症の種類と治療法

フケの原因と対策

抜け毛・薄毛の原因

男性の薄毛・抜け毛の原因

女性の薄毛・抜け毛の原因

生え際が薄毛になる原因

目の酷使による薄毛

喫煙と抜け毛の関係

肝臓と抜け毛の関係

抜け毛・薄毛の対策

薄毛対策・抜け毛対策

頭皮の保湿と育毛

有酸素運動で毛細血管を増加

FGF-5を阻止して脱毛予防

頭皮マッサージで育毛促進

育毛に良い生活習慣

白髪の知識

白髪の原因と対策

気になる用語解説

AGAとは?

AGAと遺伝の関係

手遅れになる前にAGA対策

界面活性剤とは?

テストステロンの働き

5αリダクターゼの働き

アンドロゲンレセプターとは?

毛髪の再生医療

成長因子とチャップアップ

植毛の知識

その他

チャップアップ口コミ投稿

当サイトについて

サイトマップ

白髪の原因と対策


白髪のメカニズムは、まだ解明されていないことが多く、白髪対策の研究についてもほとんど進められていないというのが現状です。その理由は、白髪は人間の生死にかかわるものではなく、人体に悪影響を及ぼすものもないためです。髪自体は健康ですし、染めれば解決できるものだからと考えられています。

また、白髪は、年相応の髪の毛の色であり、80歳にもなって黒々としているのも何だか変な感じがします。男性の場合は特にそうですが、ダークグレーなど少し白みがかった方が渋くて年相応に見えたりします。

白髪になる仕組み

髪の毛の色を決定しているものをメラニン色素といいます。メラニン色素は、もともと存在するのではなく、色素形成細胞であるメラノサイトで作られています。

誰でも毛根で髪の毛が作られた瞬間は色が付いていない無色状態ですが、メラノサイトでつくられたメラニン色素が髪のコルテックス部分に混ざることによって髪の毛に色がついていきます。

髪の毛の内部にメラニン色素が多い場合は髪は黒くなり、少ない場合は白髪、中間はブロンドやグレーなどの色になります。

白髪の原因

白髪の原因は、メラノサイト(色素細胞)が減少したり、メラノサイトがメラニン色素をつくる働きやメラニン色素を髪に送りこむ働きが低下するのが原因です。

これらの働きは遺伝による影響が大きいと考えられています。特に若くして白髪が生える場合は遺伝性が高いと考えられています。尚、遺伝によるものだけが白髪の原因ではなく、老化(加齢)や病気、病気の副作用、栄養不足、ストレス、喫煙など後発的要因も白髪に密接に関係していると考えられています。強度のストレスで白髪が一気に増えるといったことがあるのも後発的要因の一つです。

老化や、病気、病気の副作用、栄養不足、ストレス、出産、ダイエット、喫煙などによりメラノサイトが減少したり、機能が低下したり、また、メラニン色素が髪に送りこまれなかったりすると徐々に白髪が増えていきます。

最近になって紫外線が頭皮の色素幹細胞DNAを損傷させ、これが白髪の原因になることが分かってきました。紫外線の強い日は、男性の場合は、帽子など、女性の場合は日傘などで紫外線対策をすることも白髪対策の一つになります。

また、健康な肌を維持する働きだけでなく、髪に必要な栄養を与えて髪の発育を促したり、強い髪を育てて抜け毛を予防させるといった働きのほか、メラノサイトを活性化させる働きがあると言われる成分にビオチンというものがありますが、ビオチンが不足した状態が続くと白髪リスクが高くなると言われています。

白髪対策

加齢などにより、死んでしまった色素細胞(メラノサイト)を蘇らせるのは現時点では困難であるとの見解が強いようです。逆に特定の病気やストレスが原因で白髪になった場合はその病気やストレスが治れば黒髪が蘇る例もあります。

つまり、単に色素細胞(メラノサイト)が弱って白髪が増えている場合は、メラノサイトを活性化して白髪を黒い髪に戻すことは可能です。

生活習慣や食習慣を改善

まずは、生活習慣や食習慣を改善することが基本です。ストレスや睡眠不足、運動不足、喫煙、ダイエット、バランスの悪い食事など、血行を悪くしたり代謝を下げるような原因になる生活習慣を改善し、メラノサイトが活動しやすいように頭皮の血行を良くしてやることが先決です。

特に新陳代謝を上げるため、適度な運動、質の良い睡眠、禁煙は大事です。ストレスや生活習慣・食習慣などでメラノサイトが弱っている場合は、活性化して黒い髪に戻すことが可能だと考えられています。

チロシンとチロシナーゼ

メラノサイト(色素形成細胞)がメラニン色素を造る際に必要となるのが
・チロシンと
・チロシナーゼ
という2つの物質です。

チロシン + チロシナーゼ = メラニン色素

血中から運ばれてきたチロシンはメラノサイトにもともと存在するチロシナーゼという物質によってメラニン色素に変換されます。

従って、理論上、
・チロシンを頭皮に供給し、
・メラノサイトの働きを活発化
すればメラニン色素が造られ、白髪になりにくくなるのではないかと考えられています。尚、メラニン色素自体は食事など外部から取りこむことはできません。

チロシンは、鰹やまぐろ、大豆、豆腐などに多く含まれ、メラノサイトは、カルシウムやミネラルの銅などを摂取することで働きを活性化することができます。カルシウムは、牛乳やヨーグルト、チーズなど、ミネラルの銅は、魚介類、海藻類、玄米、大豆類などに含まれています。

ビオチン

ビオチンという成分が、メラノサイトを活性化するとも言われています。ビオチンは、特に皮下組織の毛細血管を太くして血流を上げる働きがあり、皮膚全体の新陳代謝を活発化する働きがあるため、白髪対策にも有効とされています。通常の食生活で摂取(腸内で合成)することができますが、サプリメントで摂取することも可能です。

ホップエキス

大手2社の共同研究結果発表でビールの原料のホップには、白髪予防効果があるという発表がなされました。研究結果によると、ホップエキスには、メラニン色素を作り出す指令を出している遺伝子を活性化する働きがあると考えられています。

白髪染めトリートメントなど

白髪染めは即効性のある白髪対策ですが、髪や頭皮への負担が大きく頭皮トラブルを起こす原因にもなりかねかねません。

そこでおすすめなのが髪や頭皮に負担をかけないトリートメントタイプの白髪染めです。美容室で行う白髪染めや市販の白髪染めと比較して頭皮や髪への負担が少なく簡単に白髪を染めることができます。
 

Copyright (C) 2013 白髪の予防と対策 All Rights Reserved.