チャップアップ

チャップアップ体験レポート

チャップアップの口コミ

  1. チャップアップの効果
  2. 植毛の長所と短所

MENU

チャップアップの効果

チャップアップの体験談

チャップアップの口コミ

チャップアップの副作用

チャップアップの成分

チャップアップ使用上の注意点

チャップアップの定期便はお得か

チャップアップの返金保証制度

チャップアップとイクオスの比較

チャップアップシャンプー

チャップアップサプリ

育毛剤選びから使用するまで

育毛剤と発毛剤の違い

育毛剤選びのポイント

生え際におすすめ育毛剤

産後の抜け毛専用の育毛剤

髪の基礎知識

髪の基礎知識

毛乳頭の働き

毛母細胞の働き

ヘアサイクルとは

脱毛症の種類

円形脱毛症の種類と治療法

フケの原因と対策

抜け毛・薄毛の原因

男性の薄毛・抜け毛の原因

女性の薄毛・抜け毛の原因

生え際が薄毛になる原因

目の酷使による薄毛

喫煙と抜け毛の関係

肝臓と抜け毛の関係

抜け毛・薄毛の対策

薄毛対策・抜け毛対策

頭皮の保湿と育毛

有酸素運動で毛細血管を増加

FGF-5を阻止して脱毛予防

頭皮マッサージで育毛促進

育毛に良い生活習慣

白髪の知識

白髪の原因と対策

気になる用語解説

AGAとは?

AGAと遺伝の関係

手遅れになる前にAGA対策

界面活性剤とは?

テストステロンの働き

5αリダクターゼの働き

アンドロゲンレセプターとは?

毛髪の再生医療

成長因子とチャップアップ

植毛の知識

その他

チャップアップ口コミ投稿

当サイトについて

サイトマップ

植毛(人工毛植毛と自毛植毛)の長所と短所


植毛とは?

植毛とは頭皮に髪の毛を植え付ける増毛法のことです。育毛剤などの処置では手遅れの場合や、確実に早期に髪の毛を増やす手段として植毛という選択肢があります。

植え付ける髪の毛が人工の髪の毛か自分自身の髪の毛かで、
人工毛植毛
自毛植毛
に分かれます。

人工毛植毛は人工の毛を植毛したい部分に植え付ける方法で、自毛植毛は自分の今ある髪の毛を目的の箇所へ移植する方法です。

もともとは火傷や事故などで頭髪を失った方の為の治療から始まったものですが、近年では植毛技術も発達し、AGAの治療としても植毛を希望する方が増えています。

人工毛植毛

人工毛植毛とは、ナイロンやポリエステルなどの合成繊維でできた「人工毛」を頭皮に植え込んでいく植毛法です。光沢や毛の質など、ほぼ人の毛を再現しています。

一般的に毛の強度や耐熱温度などは人の毛より優れています。

人工毛植毛のメリットとしては、
・人工のグラフトを移植するので髪の毛の量が少ない方でも行うことができる
・比較的短期間で頭髪を増やすことができる
などがあげられますが、

デメリットとして、
・頭皮へのダメージが少なくない
・頭皮への定着率が低く抜けやすい
・一度抜けるともう生えてこない
・人によってはアレルギーなどの拒絶反応を起こす場合がある
・切れた人工毛が皮膚内に残ったりすることがある
・定期的なメンテナンスが必要でトータルコストが高額になる
・髪が伸びないので頭皮部分に汚れが溜まり細菌に感染する場合がある
などがあげられます。

人工毛植毛は、トラブルが多いとしてアメリカでは法律で禁止されています。

自毛植毛

自毛植毛とは、後頭部や側頭部に生えている自分の髪の毛を、頭頂部や前頭部など薄毛の部分に移植する方法です。

自毛植毛のメリットとしては、
・定着率が高く定着すればそのまま自分の毛として生えていく
※定着率は95%以上とも言われています。
・健康なヘアサイクルを繰り返し、ほぼ一生涯伸び続ける
・自分の髪の毛を使うのでアレルギーもなく安全
・基本的に定期的なメンテナンスが不要
といったことがあげられます。
自分の髪の毛として伸び続けますので理想的ともいえます。

自毛植毛のデメリットは、
・後頭部や側頭部の頭皮を切り取って移植するので、切り取った際の傷が残る場合がある
※通常は毛で隠れます
・移植する髪の毛の量が少ない人はできない
・初期費用が高い(維持費用は基本的に不要)
・生え揃うまでに時間が掛かる
などがあげられます。

一度にドナー採取できる髪の毛の量には限界があるため、場合によっては、何回かに分けて植毛手術を受ける必要があります。

このように人工毛植毛は安全性の面からデメリットが多く、メンテナンス費用も多額になるところから、自毛植毛に人気があります。

自毛植毛には、毛包単位で移植するFUT法や、メスを使わないFUE法、また韓国で開発されたニードル植毛などがあります。

植毛は男性だけのものではなく女性でも利用者が増えています。

育毛剤などを使用し続けることも有効ですが、植毛と比較した場合、コストパフォーマンス(費用対効果)でどちらが優れているかはわかりません。生え際などのM字部分のみの植毛だけでよければ比較的少額で植毛できる場合もあります。

例えばチャップアップチャップアップシャンプーを継続した場合、年間のコストはおよそ10万円ほどになります。
※育毛剤チャップアップ・チャップアップシャンプーのセットの場合でどちらも1本を1ヶ月で使い切るとした場合

育毛剤や育毛サプリメント、育毛シャンプーなど年間のランニングコストを10万円としても10年で100万円ほどです。毎日の手間もかかります。

これらのことを考えて植毛を選択肢の一つとして検討してみるのもいいと思います。
 

Copyright (C) 2013 植毛(人工毛植毛と自毛植毛)の長所と短所 All Rights Reserved.