チャップアップ

チャップアップ体験レポート

チャップアップの口コミ

  1. チャップアップの効果
  2. 有酸素運動で毛細血管を増やす

MENU

チャップアップの効果

チャップアップの体験談

チャップアップの口コミ

チャップアップの副作用

チャップアップの成分

チャップアップ使用上の注意点

チャップアップの定期便はお得か

チャップアップの返金保証制度

チャップアップとイクオスの比較

チャップアップシャンプー

チャップアップサプリ

育毛剤選びから使用するまで

育毛剤と発毛剤の違い

育毛剤選びのポイント

生え際におすすめ育毛剤

産後の抜け毛専用の育毛剤

髪の基礎知識

髪の基礎知識

毛乳頭の働き

毛母細胞の働き

ヘアサイクルとは

脱毛症の種類

円形脱毛症の種類と治療法

フケの原因と対策

抜け毛・薄毛の原因

男性の薄毛・抜け毛の原因

女性の薄毛・抜け毛の原因

生え際が薄毛になる原因

目の酷使による薄毛

喫煙と抜け毛の関係

肝臓と抜け毛の関係

抜け毛・薄毛の対策

薄毛対策・抜け毛対策

頭皮の保湿と育毛

有酸素運動で毛細血管を増加

FGF-5を阻止して脱毛予防

頭皮マッサージで育毛促進

育毛に良い生活習慣

白髪の知識

白髪の原因と対策

気になる用語解説

AGAとは?

AGAと遺伝の関係

手遅れになる前にAGA対策

界面活性剤とは?

テストステロンの働き

5αリダクターゼの働き

アンドロゲンレセプターとは?

毛髪の再生医療

成長因子とチャップアップ

植毛の知識

その他

チャップアップ口コミ投稿

当サイトについて

サイトマップ

有酸素運動で毛細血管を増やす


毛細血管とは?

毛細血管とは、動脈・静脈の末梢が細かく枝分かれし、網目状となってつながる細い血管のことです。人間の全身の血管の99%を占めると言われています。

毛細血管は、血液中の栄養素や酸素を毛細管壁を通じて組織内に送り込んだり、逆に組織中の老廃物を受取るという循環器系の最も基本的な役割を営んでいます。

毛細血管は、もろくて弱いため、血流が滞ったり、過度の運動をしたり、紫外線を浴びすぎたり、またストレスなどの影響で消滅する場合があります。

毛細血管が減少すると、血液循環が著しく滞り、全身の細胞が衰えて老化を招くだけでなく美容や健康などに様々な悪影響を及ぼしてしまいます。

育毛に関して言えば、髪の毛の育成には、毛細血管から運ばれてくる栄養が必要ですが、生え際や頭頂部分は血管が細く血液量も少ないためこの栄養が不足しがちになり、薄毛・細毛・抜け毛の原因となります。

また、毛細血管は、加齢とともに減少しますので、もともと血管が細く血液量も少ないところに加齢による毛細血管の減少で生え際部分や頭頂部分はますます薄毛や細毛が進行していくことになります。

有酸素運動で毛細血管を増やす

育毛に関して言えば、髪の毛の成長に必要な栄養を運ばせるためには、毛細血管の減少を防ぎ、毛細血管を増やしてやることが重要になります。勿論、毛細血管の増加は、育毛以外にも、老化を食い止めたり、健康や美容に様々な好影響を与えます。

有酸素運動

有酸素運動とは、ウオーキングや軽いジョギング、水泳、サイクリングなど長時間に渡って行なう運動です。体内に酸素を取り込んで脂肪を燃焼させながらできた物質をエネルギー源とした運動です。

毛細血管は、有酸素運動を継続して行うことで増加すると言われています。

有酸素運動によって体の隅々まで酸素が行きわたれば、それが刺激となって新しい毛細血管が作られるとされています。1日30分を週に3〜5回、3ヶ月以上の継続で大きな効果が現れると言われています。

但し、過度な運動はかえって毛細血管を減少させる原因ともなりますので注意が必要です。

また、有酸素運動は、毛細血管を増やすだけでなく血行を良くして育毛を促進したり、遊離テストステロンを抑制して男性の薄毛リスクを減少させる効果もあると考えられています。

さらに、有酸素運動は、育毛促進だけに限らず、
・体脂肪の減少
・不眠症の改善
・精神疲労の改善
・自律神経を整える
・心肺機能を高める
・脳の機能を高める
・ストレス解消
など、健康な心身を保つ上で非常に有効だとされています。

毛細血管を増やして育毛

このように、有酸素運動により、毛細血管を増加させることによって、薄毛・細毛の改善に好影響を与えることが期待できます。

有酸素運動は何よりも継続が重要です。

毎日とは言わないまでも週に3回から5回程度は有酸素運動を行いましょう。

有酸素運動とチャップアップ育毛剤の併用で育毛効果をアップ
 

Copyright (C) 2013 有酸素運動で毛細血管を増加 All Rights Reserved.